個別最適な学びの足場を組む。

おすすめ

¥ 2,200 税込

商品コード: 000553

数量

他のオンライン書店で購入

[本書の概要]

みんな一緒を手放す――子ども「たち」のため→子ども「一人ひとり」のために解像度をあげていこう
日本の学校では、学習指導要領で定められた目標を達成するのに必要な内容を、限られた期間内に「教える」という使命を果たすうえで、一斉画一的な教育が効率よいとされてきました。一方で、学びの個性はみな違っていますから、本当に一人ひとりが生き抜く力を「身につける」ためには、各々の違いに合った「個別最適な学び」の視点がもっと必要です。
本書の主な読者対象である多くの先生方は、その必要性をわかっていながらも、さまざまな制約のもと極めてむずかしいと感じているのではないでしょうか。しかし歴史をたどれば、学校教育の限界に立ち向かっていく豊富な実践と、それを支える教育論がすでに存在していたことに気づきます。
本書は、そんな「個別最適な学びがむずかしい」と感じる先生方の疑問をとりあげ、著者が歴史的な理論や実践をもとに応えていくかたちで、読者が著者と対話しながら個別最適な学びに関する理解を深め、具体的な手立てにつながる示唆を得られるような構成となっています。
求められているのは、一人ひとりの背中をそっと押し自分たちで学びに向かえる環境を整えること、そのために偏った「みんな一緒」を思い切って手放してみること。言い換えるならば、子ども「たち」のための教育から、子ども「一人ひとり」のための教育に解像度をあげていくことです。そんな教育の転換点にある今日、個別最適な学びの土台づくりをどうするか、本書を通して語り合ってみませんか?


[著者] 奈須正裕 
[刊行日] 2022-03-16 [形態] 書籍
[定価] 2200 円(税込)  [判型] 四六判 [頁数] 270頁
[ISBN] 978-4-86560-553-2


[本書の目次]

プロローグ

第1章 「令和の日本型学校教育」と個別最適な学び
百年以上の蓄積と今日的な意義を踏まえる
学習指導要領の着実な実施のための見直し
2017年版学習指導要領が目指す「学びの転換」
コロナショックで明らかになった課題
社会のあり方そのものの急激な変化
GIGAスクール構想と「未来の教室」
「個に応じた指導」を学習者視点から整理した概念
第2章 近代学校の特質と個別最適な学びの源流
伝統的な子育ての習俗 
欧米からの直輸入品
雀の学校
等級制から学年制へ
多様な形態の共存
モデルとしての軍隊と工場
新教育運動の二つの原理
特設学習時間
相補的で相互促進的な関係性
公開授業の不思議
第3章 学習研究の進展と個別最適な学び
みんな違って、みんないい 
ティーチング・マシン 
オペラント条件づけの原理を主体として飼いならす
知的CAI 
AIドリル 
テクノロジーの限界と教師の専門性 
マスタリー・ラーニング 
形成的評価と総括的評価の区別 
ATI 
教育を問い直す視点としてのATI的発想 
第4章 指導の個別化と学習の個性化
はじまりは1971年 
指導の個別化学習の個性化
愛知県東浦町立緒川小学校の取り組み
はげみ学習
週間プログラムによる学習
オープン・タイム
バランスのとれたカラフルなカリキュラム
個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に関する二つの行き方
第5章 学び方の得意と自己決定的学習
学ぶ領域の得意と学び方の得意 
『大造じいさんとカルガモ』
そこを起点に伸びていく
学習における自己決定の充実
学習者の視点からの総点検
「個別最適化された学び」から「個別最適な学び」へ
順序選択学習
課題選択学習
課題設定学習
共通に学ぶべき内容における学習の個性化
履修主義と修得主義
単元内自由進度学習における速い子への対応
第6章 環境による教育と学習環境整備
子どもの都合でいつでも使える学習環境 
すべての子どもは有能な学び手
指示や説明を文字情報でまとめて提供する
文脈情報の重要性
ICTの普及で一変した学習材の収集と提供
心ゆくまで見られる、触れられる環境整備
活動・体験コーナーの設置
マルチに機能する掲示
ティーチャー・プルーフ・カリキュラム
第7章 未来に向けて
最新のものより確実なものを 
国内におけるその後の展開
海外の動向
あらためて2017年版学習指導要領と個別最適な学び
エピローグ