1年間毎週使える校長講話2022

¥ 2,200 税込

商品コード: 000794

関連カテゴリ

  1. 学校講話・学校だより
数量

[本書の概要]

現役あるいは元校長先生が書いた1年間にわたる講話実例を一冊にまとめました。朝会、校内放送、学校行事などで語りかけられる講話には、校長先生のさまざまな想いや願いがつまっています。
自校の教育課題、季節ごとの学校生活に即した狙い、「多様性」といった社会全体の気運などを織り交ぜながら、いかに【子どもたちへ伝わる】講話を練り上げるか。各月、各週の構成で、講話のテーマやねらい、アイデア・ポイントも網羅。伝わる講話づくりのヒントがきっとあります。


[編集] 学校講話・メッセージ研究会 
[刊行日] 2022-01-25 [形態] ムック
[定価] 2200 円(税込)  [判型] 四六判 [頁数] 200頁
[ISBN] 978-4-86560-794-9[雑誌コード] 63017-86


[本書の目次]

◆4月
<小学校>
やればできる
言葉の大切さ
皆でめざすもの
私達のふるさと
私達のふるさと
<中学校>
にもかかわらず、笑う
私は驚くためにいる
責任を果たす
弱音、売れ残り、裏通り、を強みに!
父が残した避難ロープ
◆5月
<小学校>
ゴールデンウィーク
愛鳥週間
挨拶がいっぱいの学校
日常の五心
<中学校>
自分の運命は自分で創る
人が生きる上で最も大切にすべきこと
日本の伝統文化が生きている東京スカイツリー
命のタスキ
◆6月
<小学校>
来たときよりも美しく
プール開き
廊下歩行日本一
優しさの連鎖
<中学校>
選択するということ
感動する景色
方言の温かさ
心を磨く
◆7月
<小学校>
星の話
学校の宝物
身の回りにあるたくさんの不思議
家族の一人として~自分でできることを探そう
<中学校>
熱中症にご用心
総体・コンクールに向けて
夏休み「何かひとつ」残るものを
将来と今
◆8月
<小学校>
健康的な生活を送るために
<中学校>
自然災害、その対応と備え
◆9月
<小学校>
見えないものの大切さ
新型コロナウイルス感染症拡大防止
英語の話
日本語の不思議
<中学校>
高い目標を持ち、まずは足元から
「プラス受信」でピンチをチャンスに!!
挑戦~最初の一歩~
一度止まって「五事を正す」
◆10月
<小学校>
味の話
もったいない
本の魅力
いよいよ学芸会
<中学校>
優しかった縄文人
「文武両道」は可能か
一人でいることの豊かさ
本当の自分を探そう
◆11月
<小学校>
読書の楽しみ方
人気漫画の世界
挨拶は心のオアシス!
学校のお誕生日
学校は勉強だけをするところではないけれど…
<中学校>
いじめについて考える
集団で力を合わせる
人生の時計の話
季節の声に耳を傾ける
コミュニケーション力を磨こう
◆12月
<小学校>
美しいものに感動する心を
振り返りを今後に生かす
親切な気持ちを伝えよう
冬休み
<中学校>
正しく情報を読み解く力
1文字分のマナー
時間は皆の共有財産
継続すること
◆1月
<小学校>
よく聴き考える子を願って
おたがいさま
わたしは消しゴムです
人間万事塞翁が馬
<中学校>
新年にあたって
ダンボ
アドバイス
歴史に学ぶ
◆2月
<小学校>
時間を大切に~自分の時間と皆の時間~
掃除の時間~皆の力を合わせると…~
忘れ物と親切~皆で考えてみよう~
カレー作りと次の学年に向けて
<中学校>
ライバルは昨日の自分
安心して自分の思いを話せる仲間に!
大人の心を動かした、皆さんの伝える力
大丈夫! あなたなら、できる!
◆3月
<小学校>
「習う」、そして「鍛える」
師を持つ
目標の立て方
仲よしのお話
<中学校>
学びのDX(デジタルトランスフォーメーション)
「気合」
「残り姿」
未来社会に向けて
◆講話づくりのポイントとは