誰でもできる!中1ギャップ解消法(週1回10分で続けられるSlim & Simpleプログラム)

近刊【予約】

¥ 1,944 税込

商品コード: 000504

数量

[本書の概要]

★週1回10分の実践で不登校ゼロを実現した注目のプログラムを導入方法から指導計画・演習の具体例まで詳しくわかりやすく紹介!
★始めてみればわかる、取り組みやすく続けやすい効果抜群のプログラム!
★多忙な毎日の中でも簡単に取り組め、子どもたちと楽しく実践するうちに「かかわりの力」がぐんぐん育つ!
★イラストによる解説で演習の進め方がわかりやすい!


[著者] 曽山 和彦(名城大学教授) 
[刊行日] 2019-03-20 [形態] 書籍
[定価] 1944 円(税込)  [判型] A5判 [頁数] 144頁
[ISBN] 978-4-86560-504-4


[本書の目次]

はじめに…これならできる!「Slimple(Slim& Simple)」実践の薦め

§1 不登校・いじめ解決の「王道」
1.気になる子どもたちの姿と教師に求められること
2.学校不適応と「かかわりの力」
3.学校不適応と中1ギャップ
4.提言;不登校・いじめ解決の「王道」

§2 「中1不登校ゼロ」を生んだ桜ヶ丘中学校の実践
1.2人の校長先生との出会いによって生まれた実践
2.桜ヶ丘中の実践;「桜咲タイム&桜咲トーク」
3.中宇地校長&高藤教諭&曽山座談会
4.1年生における「桜咲タイム&桜咲トーク」の効果
5.新聞での紹介と卒業生の声

§3 小中連携「Slimple」プログラム
1.「Slimple」プログラムが生まれるまで
2.「Slimple」プログラムの特徴と基本構成
3.週1回短時間グループアプローチ;「○○タイム」の展開例と留意点
4.ワークシート例
5.各授業場面等におけるペア・グループ活動の指導案例と展開例
6.様々な教材・資料の工夫例
7.プログラム実施のQ&A
8.プログラム実践の効果と課題
9.お薦め!「Slimple」プログラム実践校

§4 「Slimple」プログラムを支える7つの技法
1.ソーシャルスキル・トレーニング
2.構成的グループ・エンカウンター
3.アイメッセージ(私メッセージ)
4.勇気づけ
5.リフレーミング
6.リソース探し
7.例外探し

§5 子ども・教師を応援する7つの理論
1.「ハンカチ」理論
2.「グローブ」理論
3.「穴の空いたコップ」理論
4.「機織り」理論
5.「現実の打ち出の小槌」理論
6.「2本のアンテナ」理論
7.「泳力&浮き輪」理論

§6 学校に「Slimple」プログラムという「文化」を創る
1.「文化」を創りあげた学校;依佐美中学校
2.保護者と共に「文化」醸成に向かう学校;吉田小学校

§7 各地に「Slimple」プログラムを拡げる
1.生徒指導の3機能と「託東タイム&たくトーク」
2.研究会当日の様々な声
3.「一枚岩実践づくり」のヒント

§8 演習関係資料
1.質問ジャンケン
2.二者択一(どちらをえらぶ)
3.アドジャン
4.いいとこ四面鏡(いいとこみつけ)