HOME » 図書詳細

買い物かごを見る
注文件数:点
現在の商品計:円

Copyright © 2017
カゴに入れる 他のオンライン書店で購入

校長の仕事術

効率的に職務を進める知恵とコツ
 在庫あり
[本書の概要]

校長が仕事をスムーズに,ムリなくムダなく,効率的に進めるための具体的な工夫やアイディアを提示する。
先輩校長が多様な経験から体得した“暗黙知”(経験・知恵・勘など)を“形式知”として丁寧に言語化!


[編集] 元兼正浩 
[刊行日] 2012/1/26 [形態] ムック
[定価] 2376円(税込) [判型] A5判 [頁数] 208頁
[ISBN] 978-4-87380-602-0 [雑誌コード] 63015-91

[本書の目次]

序章 校長は仕事をどう効率化すべきか

第1章 校長の仕事の特徴
1 校長の仕事をめぐる現状と課題
2 校務をつかさどるとは
3 所属職員を監督するとは

第2章 仕事を進める基本姿勢
〈最初が肝腎〉学校経営目標は達成度を意識し具体的に
〈段取り・先取り〉計画的な学校経営で効率アップ
〈急がば回れ〉いろいろなアプローチを検討しよう
〈目配り・気配り〉日頃からの配慮・支援で教師を育てる
〈気にかけ・声かけ〉児童・生徒への指導は日頃の声かけから
〈気回し・根回し〉家庭・地域などへの日頃の根回しが問題解決への近道
〈転ばぬ先の杖〉教委・関係機関を積極的に活用しよう

第3章 効率的に仕事を進めるための知恵と工夫
1 校長講話の作成術
2 校長室の活用術
3 組織マネジメントで全体を動かす
4 会議の運営を工夫する
5 コミュニケーションを密にして行き違いをなくす
6 情報収集と提供の仕方を工夫する
7 パソコン等を上手に活用してムダを省く
8 予算・会計をスムーズに執行するには

第4章 校長の職務と仕事術ここがコツ
 〔Ⅰ 組織運営〕
1 組織編成・校務分掌の運用をどう工夫するか
2 職員会議・各種委員会の運営をどう工夫するか
3 校内研修の進め方をどう工夫するか
4 学校評価の進め方をどう工夫するか

 〔Ⅱ 教育課程〕
1 教育課程の編成・実施をどう工夫するか
2 学校行事の進め方をどう工夫するか
3 体験学習・校外学習等の進め方をどう工夫するか
4 学習評価と指導要録の作成・管理をどう進めるか

 〔Ⅲ 生徒指導〕
1 児童・生徒の健全育成にどう取り組むか
2 校内暴力・いじめへの対応をどう進めるか
3 不登校への対応をどう進めるか

 〔Ⅳ 教職員の管理〕
1 教員評価の進め方をどう工夫するか
2 教員の服務管理をどう進めるか
3 教職員のメンタルヘルスにどう取り組むか
4 指導が不適切な教員にどう対応するか

 〔Ⅴ 危機管理〕
1 施設・設備の点検・整備をどう進めるか
2 防犯・防災にどう取り組むか
3 学校事故にどう対応するか
4 事後処理・マスコミへの対応をどう進めるか
5 クレームにどう対応するか

 〔Ⅵ 家庭・地域との連携〕
1 保護者・地域住民・来客等へどう対応するか
2 地域人材の活用をどう工夫するか
3 学校評議員・学校運営協議会の運営をどう進めるか

 〔Ⅶ 教育委員会・関係機関との連携〕
1 教育委員会との連携、連絡・調整等をどう進めるか
2 関係諸機関との連携、連絡・調整等をどう進めるか

第5章 仕事を効率的に進める時間術
1 《1日》の仕事を効率的に進める時間術(それは前日の準備から始まる)
2 《1週間》の仕事を効率的に進める時間術(段取りと時間の使い方)
3 《1学期》のスパンで有効な時間活用を考える(学期始め・学期末の留意点を含めて)
4 《1年》のスパンで有効な時間活用を考える(年度始め・年度末の留意点を含めて)


カゴに入れる 他のオンライン書店で購入