公式オンラインショップ
HOME » 2021年度教育管理職オンライン研修会のご案内 » 講義概要・講師紹介

講義概要・講師紹介

 

2021年度 教育管理職オンライン研修会  講義概要・講師紹介

 講義概要 

  教育行政施策  「令和の日本型学校教育」がめざすもの
中教審答申「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」をふまえ、日本の学校教育がめざしていく姿を解説し、インタビューを交えながら、これからの学校と管理職に求められることを示します。 板倉 寛(いたくら ひろし)
文部科学省初等中等教育局企画官、(併)学びの先端技術活用推進室長、(併)GIGA StuDX推進チームリーダー
  管理職の資質能力  学校を前に進める校長・教頭の決意と熱意
新学習指導要領が小・中学校で全面実施となり、学校のデジタル化が急ピッチで進められるなか、管理職としてこれを好機ととらえ、学校教育を次のステージへ進めるための考え方や心構えを示します。 平川 理恵(ひらかわ りえ)
広島県教育委員会教育長
  教育のデジタル化  1人1台端末を活用した個別最適で協働的な学びの実際
教育ICT元年として1人1台端末が整備されたなかで、それらを活用した「個別最適な学び」と「協働的な学び」の実際を解説します。講義後半では水谷校長との対談を通して、学校現場での成果や課題と改善のポイントを示します。 高橋純(たかはし じゅん)東京学芸大学准教授
水谷年孝(みずたに としたか)愛知県春日井市立高森台中学校校長
  危機対応と説明責任  学校の危機を信頼に変える管理職のコミュニケーション力
いじめや不祥事、新型コロナ対応など、学校の危機発生時に信頼を失うことなく説明責任を果たすための、管理職に求められるコミュニケーションの考え方と具体的な手法を、成功例と失敗例を交えながら解説します。 石川 慶子(いしかわ けいこ)危機管理/広報コンサルタント
  オンラインワークショップ  みんなで考える学校の働き方改革――“働き方改革”疲れに陥らないために
学校での働き方改革を実効性のあるものにするために、管理職はどのように進めていけばよいのかを解説するとともに、参加者の皆さんとのワークショップを通して、働き方改革の課題を洗い出し、解決策を考えていきます。
※7月17日14時~実施予定、7月下旬以降動画配信いたします
→オンラインワークショップは終了いたしました
妹尾 昌俊(せのお まさとし)
教育研究家/学校業務改善アドバイザー
  論文対策  採点者を納得させる合格論文の書き方
合格論文とは、設問の課題に対する管理職としての考えや具体的方策が、説得力をもって相手に伝わる論文です。本講義では、現任校の課題の分析や、課題に対する改善策の提示の仕方など、採点者を納得させる合格論文の書き方について、具体的に解説します。 江口 恵子(えぐち けいこ)
梅光学院大学特任教授
  面接対策  成功例と失敗例で学ぶ面接の対応―面接選考の合格に向けて-
面接では、資質や能力も含めた管理職としての人物そのものが評価されます。管理職としての資質や能力をどのように身につけていけばよいのかを考えながら、成功例と失敗例にふれ、面接試験に合格する答え方を解説します。 榎本 智司(えのもと さとし)
国立音楽大学教授/元全日本中学校長会会長
  法規対策  キーワードで学ぶ、試験によく出る法規対策
試験でよく問われる教育法規のうち、法令の最新動向を踏まえ、とくに重要と考えられる項目を解説します。複雑難解に思える法令知識も、キーワードで整理すれば理解しやすく、また、覚えやすくなります。解説の後は、一問一答型の簡単な確認問題で知識の定着を図ります。 樋口修資(ひぐち のぶもと)
明星大学教授

 講師紹介 

板倉寛 (いたくら ひろし)
文部科学省初等中等教育局企画官、(併)学びの先端技術活用推進室長、(併)GIGA StuDX推進チームリーダー
【講師略歴】
文部科学省初等中等教育局企画官、学びの先端技術活用推進室長、GIGA StuDX推進チームリーダー1999年文部省(現文部科学省)入省。教育課程課係長、内閣官房副長官補室参事官補佐、島根県教育委員会総務課長、特別支援教育課課長補佐、大臣政務官秘書官、初等中等教育企画課課長補佐、在英国日本国大使館参事官(外務省出向)、教育課程課教育課程企画室長等を経て現職。
平川理恵(ひらかわ りえ)
広島県教育委員会教育長
【講師略歴】
リクルートに入社後、同社から米・南カリフォルニア大学(University of Southern California)に留学し、経営学修士(MBA)取得。1999年に留学斡旋会社を起業。10年間、無借金&チョイ黒字経営を果たす。09年、事業売却。10年4月、公募により、女性として全国初の公立中学校民間人校長に就任。2校目着任後、中央教育審議会教育課程企画特別部会委員として新学習指導要領改訂作業に携わる。18年4月より広島県教育委員会教育長、7月から教育再生実行会議有識者を務める。
【主な著書】『クリエイティブな校長になろう――新学習指導要領を実現する校長のマネジメント』(教育開発研究所)、『あなたの子どもが”自立”した大人になるために』(世界文化社)など。
高橋純(たかはし じゅん)
東京学芸大学准教授
【講師略歴】
東京学芸大学准教授、独立行政法人教職員支援機構客員フェロー。教育工学、教育方法学、教育の情報化に関する研究に従事。中央教育審議会臨時委員(初等中等教育分科会)、文部科学省「教育の情報化に関する手引」作成検討会委員、文部科学省「教育データの利活用に関する有識者会議」委員、文部科学省「学校業務改善アドバイザー」等を歴任。第17回日本教育工学会研究奨励賞受賞。日本教育工学会理事、日本教育工学協会副会長など。
水谷年孝(みずたに としたか)
愛知県春日井市立高森台中学校校長
【講師略歴】
1982年より愛知県春日井市立中学校教諭、教頭、春日井市教育委員会指導主事、春日井市立小学校校長、春日井市教育委員会主幹、教育研究所所長、春日井市立出川小学校校長を経て、令和2年4月より現職。春日井市情報教育部会長、春日井市学校情報機器検討委員長として、春日井市の教育の情報化を長年推進。
石川慶子(いしかわ けいこ)
危機管理/広報コンサルタント
【講師略歴】
東京都生まれ。東京女子大学卒。国会職員として勤務後、劇場映画やテレビ番組の制作を経て広報PR会社へ。二人目の出産を機に2001年独立し、危機対応に強い広報プロフェッショナルとして活動開始。リーダー対象にリスクマネジメントの観点から戦略的かつ実践的なメディアトレーニングプログラムを提供。講演活動や学会発表も多数行っている。2015年、外見リスクマネジメントを提唱。有限会社シン取締役社長。調布市教育委員(2012~16年)、日本リスクマネジャー&コンサルタント協会理事、日本広報学会理事、公共コミュニケーション学会理事等も歴任。
【主な著書】『マスコミ対応緊急マニュアル』(ダイヤモンド社)『なぜあの学校は危機対応を間違えたのか』(ダ教育開発研究所)
妹尾昌俊(せのお まさとし)
教育研究家/学校業務改善アドバイザー
【講師略歴】
京都大学大学院修了後、野村総合研究所を経て、2016 年から独立。文部科学省、全国各地の教育委員会・校長会等でも、組織マネジメントや学校改善、業務改善、地域協働等をテーマに研修講師を務めている。学校業務改善アドバイザー(文部科学省委嘱)、中央教育審議会「学校における働き方改革特別部会」委員、スポーツ庁ならびに文化庁「部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議」委員としても活躍。
【主な著書】『こうすれば、学校は変わる!「忙しいのは当たり前」への挑戦』『「先生が忙しすぎる」をあきらめない』(以上、教育開発研究所)、『先生がつぶれる学校、先生がいきる学校』『学校をおもしろくする思考法』(以上、学事出版)等。
江口恵子(えぐち けいこ)
梅光学院大学特任教授
【講師略歴】
福岡県北九州市生まれ。北九州市立小学校教諭・中学校国語科教諭、北九州市立教育セ  ンター指導主事、北九州市教育委員会指導部指導主事、北九州市立中学校教頭・校長として勤務。その後、梅光学院大学文学部特任教授(現職)。前福岡県中学校国語科研究会会長、現在顧問。
【主な著書】『情報化に対応する作文教育』(共著、明治図書出版)、『情報を読み取る能力  を高める学習指導』(共著、ニチブン)『言語事項の指導2 文字・漢字・表記』(共著、日本教育図書センター)など。
榎本智司(えのもと さとし)
国立音楽大学教授/元全日本中学校長会会長
【講師略歴】
東京都公立中学校や高等学校、在外教育施設で勤務。その後、東京都の指導主事、主任指導主事、中学校の校長、統括校長を経て現職。元東京都中学校長会会長、元全日本中学校長会長。
【主な著書】『マップ&シートで速攻理解!最新の教育改革(2019-2020)』(教育開発研究所)、『新学習指導要領の展開(中学校・総則)』(明治図書)、『初任者研修実務必携』(第一法規)など。(すべて共著)
樋口修資(ひぐち のぶもと)
明星大学教授
【講師略歴】
1953年愛知県生まれ。1976年東京大学教育学部卒業、2011年放送大学大学院文化科学研究科修了。文部省入省後、官房審議官(初等中等教育局担当)、政策評価審議官、スポーツ・青少年局長等を歴任。現在、明星大学教育学部教授(教育学部長)、東京学芸大学客員教授などのほか、(独)教職員支援機構の講師(教育法規)も務める。
【主な著書】『頻出!教育法規キーワード83』(教育開発研究所)、『教育法規の要点がよくわかる本』(共著、教育開発研究所)、『学校をブラックから解放する~教員の長時間労働の解消とワーク・ライフ・バランスの実現』(編著、学事出版)『最新 教育の行政・制度と学校の管理運営』『最新 教育法の基礎』『教育委員会制度変容過程の政治力学』(明星大学出版部)、他多数。